支援隊からのお願い
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
◆災害支援・現地情報集◆
ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ノーボーダー支援隊

健康運動医療栄養美容などのコミュニティ「ノーボーダー」より発足!
東日本大地震の復興支援を志すチームのブログ。
石巻の方々より
お礼やその後の状況のメールを一部紹介。


「あの日のチャンポン美味しかったです。」

「また来ていただけるのであれば元気を分けていただきます。」

などなど、元気が出る言葉ばかりだった。

また、何と!
たまたま通りかかったFMラジオのパーソナリティがいたようで、
その後、私達の事が番組で話題になったとのこと。

私達がトイレをお借りしていたクロネコヤマト(渡波営業所)は
自衛隊の物資供給を引き継いでいたという素晴らしいことを成し遂げて
いたとのこと。


状況に対して、

「一部スーパーマーケットやコンビニが再開しました。」

また一部は親戚などの離れた家でしばらく避難する方もいれば、
浜に近い家に戻る方もでてきているとのこと。

私達が行った地域は、大潮の満潮で水に浸かるほど地盤沈下が起こっている。
なので家に戻ってしまうのは心配だなぁ。


また私達を心配いただき、

ちょっとの傷でも破傷風を起こす可能性が高いので注意してください。」

粉塵を吸って肺炎に至ることも多いようです。」

「汚れた手でものを食べたりすることなどでO-157などに侵されることが
 ある様なので、消毒には特に気を遣ってください。」

支援する方の立場としては、注意原則でなければならない。

あとは、避難経路の確保。
前回の石巻の地域は地震が起きた時や津波が起きた時を想定して、
マニュアルをつくった。
というと大げさだが、災害が再発した場合、車はどの辺りに捨てるか
どの高台の方へ避難するか、何を優先的に持っていくかなどは
最低限決めていた。

ゴールデンウィーク中に入っているボランティアの何人が
そういった意識ができているのやら。。

| 地震・現地状況 | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゴールデンウィークとボランティア
ゴールデンウィーク2日目。

被災地に人間が押し寄せる?


さて、いろいろな問題が起きてきているようだが大丈夫だろうか。。
ちょっと心配。


人が多いということは、どうしても質の低下につながる。


今回の連休が被災地や被災者にとってプラスに働けばよいのだが。。



ちなみに、宮城県はボランティア規制を行い整備。

都内で募集しているボランティアも多くはガレキの撤去関連。
破傷風などのケガが心配だが適切な対応かもしれない。


「たくさん人が来たけど、資材渋滞の原因になるだけだった。」、

「こちらには何もしてくれないまま帰った。」

「無理やり押し掛けて、帰って迷惑だった。」


などとならなければよいのだが。。
| - | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その3
4月26日(火) AM9:00

仙台を出発!


高速道路へ行き、石巻方面を目指し、泉PAで道路状況の確認。

兵庫県の団体が道路状況の確認と伝達を請け負っている模様。


「遠いところからお疲れ様です!」





話しを聞くと、三陸道路は1車線で、この時間はどうろの凹凸が激しく、
資材トラックも多いため、必ず詰まってしまうとのこと。

このまま進み、途中から下道で向かうルートを確保した。


今回向かう炊き出し現場は石巻でも浜沿いを奥に入り込んだところ。



これ以上先にいくと、そこはまだまだ治安も良くないという。


そんなこの場所は当然、報道で取り上げられる「石巻」とは少し違う環境。




道路は剥げてしまい、海水も未だに引いていない。。


「まだまだいろいろなものが足りてない!!!!」



石巻は広い地域。
物資が足りて、何不自由ない様な石巻の報道との温度差はここにもあった。

つづく
| 支援実行部隊 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その2
4月26日(火) AM5:00

高速道路はトラックだらけで、先週の資材渋滞のピークを思い出させる。

また、詰まるほどの渋滞はなかったのでおそらく資材運搬の迷惑は
かけずに済んだだろう。


日が昇る頃、仙台へ到着。
今回のプロジェクトでの最重要人物である中津川氏の拠点で
仮眠をとらせていただくことになった。

これが後々、非常にありがたかったことを再実感することになる。
継続を意識すれば尚更、しっかり休憩できる環境は今後必須。


そして3時間弱も休むことができ、朝食までお世話になった。



「その地の食事」というものはいろいろな発見と感動、
そして元気を与えてくれる!!



有り難い!!!!!



そして美味しい朝食をいただいた後、本日の準備に入る。



今回の段取りを再確認。

・高速へ乗り、泉PAで道路状況の確認、目的地へのルート確保
・石巻某所への炊き出し
・宮城県立こども病院への物資提供


これが順調に進むなら、日をまたぐ前に都内へ戻れたかも知れない(笑)。


つづく
| 支援実行部隊 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その1
また後ほどまとめるが、今回のプロジェクトのクレジットは下記。

■食材提供
淀橋市場、丸山畜産
■食器関連
カフェ・ラッパ株式会社ダイモン
■水容器関連
カフェ・ラッパsister★sister、田口氏
■車提供
株式会社ダイモン
■物資提供
淀橋市場、株式会社ダイモン、リメンバートゥリメンバー、sister★sister飯野病院、他
■ルート案内・構築・仮眠所提供
「復興1号プロジェクト」中津川氏
■スペシャルサンクス
トゥナ・パハ
■プロジェクト資金提供
丸助sister★sister、リメンバートゥリメンバー


今回の目的は炊き出しや現地調査(情報収集)、石巻の報道との誤差を確認する、
被災地の方々と触れ合う、などなど。





4月25日(月) PM10:00

中野区新井薬師のカフェ・ラッパにて物資の詰め込み。

今回は炊き出しも行うため、食材や調理器具の調達も必要となるため、
非常にたくさんの方々にそれらの物資も募金も含めお世話になった。


それは、まさにこういった活動を継続していくために大変有り難いこと。


物資を詰め込んで、出発は23:00辺りになる。
sister★sisterの代表で今回の資金提供にもご協力いただいた、
美子さんも見送りに来てくれた。


新井薬師を出ると、まずは中野のドン・キホーテでガス缶などを購入。

そして仲間との合流のため高円寺へ。



リメンバートゥリメンバーのシンシンさんと合流。
その時にハプニング発生(笑)。

やはりその通りにならないこと前提、というかいろいろなハプニングは
想定していかないとこういったことの継続は不可能だと思う。


前回のいわき市では出発前に車のタイヤがパンクしていることが判明。


なんと、



今回は、



40リットルの水タンクから水漏れしている(苦笑)。

蛇口根元のパッキンの老朽化であろうか、そこからしたしたと(笑)。



今回は炊き出しもあるので、水はなおさら貴重である中、
置いていくことは難しい。

取り急ぎ袋で何重にも重ね、様子をみることに。



そんなバタバタでのスタートとなった。


つづく
| 支援実行部隊 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本日は高円寺へ
旧丸助所有のド派手カー。
現在はカフェ・ラッパ所有のカフェ・ラッパ仕様♪



本日は高円寺で開催されるイベントへ顔を出す。
次回の実行部隊のメンバーのひとりが主催するイベント。

今回の募金をこちらの活動費にまわしてもらえそうとのこと。
とにかく我々、資金調達が追いつかないので非常に助かる。。

有り難い!!
| - | 03:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
次回は石巻に決定。
炊き出し場所は石巻に決定!
細かくは現場と連携をとり、状況をみながら
適切なところに行くことに。

メニューはちゃんぽん(野菜タンメン?)100食分。

そして仙台のこども病院にも足りない物資を届ける予定。
なかなか情報の円滑が難しい状況だが、できることはやる!


ちなみに、
ご有志で子供の為のスケッチブック25冊をゲット!



モチベーションあがる♪
| - | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
理学療法士の方の支援募集!
今回の震災で多くの病院が機能不全となり、非常に多くの
患者がその他の病院に移っている現状は容易に想像できると思う。

そのご想像通りで、そういった病院の中では当然スタッフも
疲弊していく状況となる。

この状況を放っておけば、まさに「医者の不養生」とう状況になり、
当人方々に対しても当然良い結果になりえないし、何よりも
早急に治療を必要としている方々が、治療を受ける現場でそれが
叶わない状況となっていくだろう。

現在、東北大学病院の有志の方に理学療法士(PT)が足りていない
病院を繋いでいただいている状況
です。
NESTA(全米エクササイズ&トレーナー協会)の理事である
齊藤邦秀氏より情報をいただきました。

1日でも東北の病院に行ける方!!
どうか支援を!!

齊藤氏と面識のある方は直接でも構わないので、
その他、ノーボーダーのお問い合わせ窓口
またはノーボーダー代表の下倉までご連絡を!
| - | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
物資の不足?
小児科系病院に物資不足の情報あり。
情報の行き来に時間がかかているため、取り急ぎ状況を記載。

断片的だが下記の通り。

■宮城県立こども病院

・情報提供はひとりまたいで上記病院の医師。
・具体的に何がどう足りないかを確認中。
・対象は1歳前後の赤ちゃんがメインの様子。
・生死に関わるレベルでの緊急性ではない様子。
・この件に対して県は全く対応できていない。
・病院の状況としてあちこちから移ってこられるため患者が増えている。
・物資を手に入れるには車で2〜3時間かかるところに行く必要がある。


離乳食やミルク関連なのだろうか。
こだわりや医学的なものかも含め、もっと特殊なものなのかもしれない。

取り急ぎ、手の届く方々、子供支援系の方々は注目して欲しい。
| - | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
状況変化(宮城)
宮城県が本日よりボランティア規制に入った模様。

・外部が入り過ぎてごちゃごちゃになるのを防ぐ。
・ゴールデンウィークを含む、ここ数日の資材渋滞の対策。
・物資が比較的足りてきている。
・窓口整理やシステム整理(システム作り)。

などが予測される。


仙台をつないでいただいている中津川氏に石巻にある
炊き出し窓口とつなげていただいたので、来週宮城に向かう
ことに関しては変更なしだが、恐らく七ヶ浜という行き先は
変更になる線が濃くなってきた。


引き続き情報収集!

常に臨機応変が必要で、実行の日時が近づけば近づくほど
慌ただしくなるのは必至である。
| - | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |