支援隊からのお願い
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
◆災害支援・現地情報集◆
ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ノーボーダー支援隊

健康運動医療栄養美容などのコミュニティ「ノーボーダー」より発足!
東日本大地震の復興支援を志すチームのブログ。
<< 支援物資 いわき市編 その3 | main | いわき市支援後記 >>
支援物資 いわき市編 その4
4月3日(日) 夜

残る物資を乗せたまま、平(たいら)にある助産師さん宅へ。
ひとまず作戦会議。

旦那さまの知人でも、家が流されて避難所生活を余儀なくされてる。
電話で物資の様子を聞いてもらう。


「ものは足りている」


やはりイメージしていたよりは、良い状況。


ただし、次の段階としては、冷たいご飯と一緒に食べるおかずが
圧倒的に足りない。食に気が回るようになってきた段階ではあるが、
当然次に深刻になってくるもののひとつである。


そして持っていく避難所は見つからなかったが、
小名浜にある旦那さまの会社の倉庫に置いてもらえることになった。

仕事も始まっているので、避難所暮らしの社員の方やまわりの方が
拡散してくれるとのこと。


結局ですばらしい形に納めることができたが、
今回は次につながる反省点の多い、旅となった。


倉庫に物資を納めた後に、ガソリンを補給。
普段だとなかなか見られない光景(笑)。



なんとなく名残惜しい感じもして、小名浜の海岸を最後に見る。
夜の海は黒く見えていびつな感じもするが、波の音は激しく、
怖いような、しかし何となく落ち着きもするような。。



そして今回の災害と相反するほどの綺麗な星空。




私達はいわき市にさよならを言って後にする。




友部のサービスエリアでご飯。。

人はさすがにすっからかんでした。



長くて濃い、いわき市の支援の旅でした。
| 支援実行部隊 | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://support.no-b.jp/trackback/18