支援隊からのお願い
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
◆災害支援・現地情報集◆
ブログパーツ探すなら「ブログパーツ助っ人」!
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ノーボーダー支援隊

健康運動医療栄養美容などのコミュニティ「ノーボーダー」より発足!
東日本大地震の復興支援を志すチームのブログ。
【まとめ動画】4月26日の宮城県石巻市の支援
映像ディレクターで今回の仙台プロジェクトを段取りいただいた
中津川さんによる編集。



| 支援実行部隊 | 02:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4月26日の宮城県石巻市の支援まとめリンク
その1
http://support.no-b.jp/?eid=51

その2
http://support.no-b.jp/?eid=52

その3
http://support.no-b.jp/?eid=53

その4
http://support.no-b.jp/?eid=58

その5
http://support.no-b.jp/?eid=59

その6
http://support.no-b.jp/?eid=60

収支報告
http://support.no-b.jp/?eid=56
| 支援実行部隊 | 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4月3日の福島県いわき市の支援まとめリンク
その1
http://support.no-b.jp/?eid=15

その2
http://support.no-b.jp/?eid=16

その3
http://support.no-b.jp/?eid=17

その4
http://support.no-b.jp/?eid=18

支援後記
http://support.no-b.jp/?eid=19

その5
http://support.no-b.jp/?eid=34

収支報告
http://support.no-b.jp/?eid=20
| 支援実行部隊 | 02:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3月20日の宮城県気仙沼の支援まとめリンク
その1
http://support.no-b.jp/?eid=2

その2
http://support.no-b.jp/?eid=3

その3
http://support.no-b.jp/?eid=5

その4
http://support.no-b.jp/?eid=6
| 支援実行部隊 | 02:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その6
4月26日(火) 午後

炊き出しもひと段落して、ログように全員で写る写真をとる。
10秒設定をして構えていると、、、


5秒



4秒



3秒…



あたりで、








子供たちの乱入。

カメラには気づいていない(笑)。




しかもそこで止まって自転車を降りるところでパシャリ(笑)。

コントの様な写真がとれる。



そして改めてみんなで。




子供達はおいしそうにチャンポンを食べながら、

「明日も来るの?」

「明日はもう帰ってしまうんだ。。」


切ないやりとりの瞬間だった。

もちろん、会えるかは分らないがまた行くことも約束する。



実は炊き出し中に近くで見つけたアルバムがある。

よく見ると結婚式の様な光景も。




自治体に問い合わせてみたところ、
石巻市役所に保管し、機会をみて公開するために持っていくことになる。



そのまま最後の1杯がはけるまで炊き出しの需要は満たされ、
片づけの後、石巻市役所へ。


市役所に届け、仙台の方へ帰る頃には既に夜になっていた。

私達は目をこすりながら県立こども病院へ知人ずてに需要を聞いていた
物資を渡しに向かった。


受取っていただいた先生も、災害を目の当たりにした大変さなど、
様々なことを語ってくれた。


その後、今回の支援の仙台でのセッティングを行ってくれた中津川さんを
乗せたまま東京へ。


運が良ければ日をまたぐくらい、せめてお日様が昇るまでに帰れれば、
というこれくらい融通を利かせた予定の立て方が必要であり、
今回はやはり東京に戻ったのはお日様が昇る頃だった。


見方によっては0泊3日の弾丸スケジュールであった。



今回の支援で得たものは大きい。

次回に期待と言ったところか。

| 支援実行部隊 | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その5
4月26日(火) 午後


炊き出しの準備完了!
そしてあっという間に人が集まる。



多めに用意いただいていた野菜も物資として
配り始めたとたんになくなる(笑)。



また野菜はなかなか手に入らない状況の様だが、この光景は
「料理できる環境」の証明とも言える。

正直、こんかい「ほっ」としたことのひとつだった。

とはいえ、この地域のライフラインは水道管はだいたいつながった
ものの、電気がきていないところもまだあり、ガスの普及なんかは
まだのところが多かった。


炊き出しのさなか、いろいろな情報収集。

これはある意味一番大事な事。


そんな中、

「何が食べたい?」

なんて情報収集も。


子供は馴染みあるジャンクフードだったり。



これは食育の視点から見ると賛否両論かもしれないが、
お店での家族の団らんを提供できていたことの証明になるだろう。



子供の笑顔、疲れも吹き飛ぶ(笑)。




また刺身や海鮮丼という声も。




そう、石巻は漁業が盛んで子供たちはいい魚をよく食していたはず。

また意外にもアイスクリームやパフェといった声もあった。



そして小学校後半〜高校生くらいまでになると、

「肉!!!」

圧倒的に多い意見。


バーベキューなんかできても皆さん喜ぶだろうなぁ。


また炊き出しに関しては年頃の女子中学生〜高校生はやはり受けにくい。

これは炊き出し関連の課題のひとつだが、家庭から鍋を持ってきてもらい、
お母さんに持ちかえっていただいたりすることでいくらかは対処できた。


つづく
| 支援実行部隊 | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その4
4月26日(火) 正午

うまく渋滞を避け(避けれたはず。。)、
予定より30分押しで炊き出し現地に到着。


会場となる伊原津のヨークベニマル湊鹿妻店。



今回のメンバーの中津川氏がうまく段取りを取ってくれて、
現地のNPO連絡会、石巻災害支援協会との連携が叶う。

支援にもテクニックがいる。

以前の記事にも書いたが段取りを間違うと、全く思うように
いかず、何もできずに帰ってしまうこともある。

必要な事は臨機応変な対応失敗しても次へ進める精神だ。


今回、なんなく計画して炊き出しを行って帰ったようにも
見えるかもしれないが、かなりの試行錯誤がなされている。


すこし時間が押していたが需要は底をつくことがないようで、
急いで準備を進める。



炊き出し内容は「チャンポン」。

考えに考えた末に今回たどり着いたのがこのメニュー。

生野菜が不足しやすい。
肉が手に入りにくいため、食べたがっている人が多い。
麺類は比較的、外れにくい。
温かい食べ物が無難である。
トン汁は最初の1週間の辛さを思い出すからやめた方がいいかも。

などなど、実際に行った方やまわりの情報を出来るだけ多く
入手し、メニューひとつ決めるにも結構な事だと再実感。

もちろん上記の情報でも状況によっては変わるし、信憑性も大小ある。



被災地の方々と物資を囲んでコミュニケーションをとっている間、
準備は着々とすすみ、、




さぁ、栄養満点のチャンポンの出来上がり!!



「新宿の市場から良い野菜をいただいてきたんですよ♪」

なんて言いながら。

野菜提供は新宿淀橋市場
改めまして、非常に感謝!!

つづく
| 支援実行部隊 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その3
4月26日(火) AM9:00

仙台を出発!


高速道路へ行き、石巻方面を目指し、泉PAで道路状況の確認。

兵庫県の団体が道路状況の確認と伝達を請け負っている模様。


「遠いところからお疲れ様です!」





話しを聞くと、三陸道路は1車線で、この時間はどうろの凹凸が激しく、
資材トラックも多いため、必ず詰まってしまうとのこと。

このまま進み、途中から下道で向かうルートを確保した。


今回向かう炊き出し現場は石巻でも浜沿いを奥に入り込んだところ。



これ以上先にいくと、そこはまだまだ治安も良くないという。


そんなこの場所は当然、報道で取り上げられる「石巻」とは少し違う環境。




道路は剥げてしまい、海水も未だに引いていない。。


「まだまだいろいろなものが足りてない!!!!」



石巻は広い地域。
物資が足りて、何不自由ない様な石巻の報道との温度差はここにもあった。

つづく
| 支援実行部隊 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その2
4月26日(火) AM5:00

高速道路はトラックだらけで、先週の資材渋滞のピークを思い出させる。

また、詰まるほどの渋滞はなかったのでおそらく資材運搬の迷惑は
かけずに済んだだろう。


日が昇る頃、仙台へ到着。
今回のプロジェクトでの最重要人物である中津川氏の拠点で
仮眠をとらせていただくことになった。

これが後々、非常にありがたかったことを再実感することになる。
継続を意識すれば尚更、しっかり休憩できる環境は今後必須。


そして3時間弱も休むことができ、朝食までお世話になった。



「その地の食事」というものはいろいろな発見と感動、
そして元気を与えてくれる!!



有り難い!!!!!



そして美味しい朝食をいただいた後、本日の準備に入る。



今回の段取りを再確認。

・高速へ乗り、泉PAで道路状況の確認、目的地へのルート確保
・石巻某所への炊き出し
・宮城県立こども病院への物資提供


これが順調に進むなら、日をまたぐ前に都内へ戻れたかも知れない(笑)。


つづく
| 支援実行部隊 | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
支援部隊 石巻編 その1
また後ほどまとめるが、今回のプロジェクトのクレジットは下記。

■食材提供
淀橋市場、丸山畜産
■食器関連
カフェ・ラッパ株式会社ダイモン
■水容器関連
カフェ・ラッパsister★sister、田口氏
■車提供
株式会社ダイモン
■物資提供
淀橋市場、株式会社ダイモン、リメンバートゥリメンバー、sister★sister飯野病院、他
■ルート案内・構築・仮眠所提供
「復興1号プロジェクト」中津川氏
■スペシャルサンクス
トゥナ・パハ
■プロジェクト資金提供
丸助sister★sister、リメンバートゥリメンバー


今回の目的は炊き出しや現地調査(情報収集)、石巻の報道との誤差を確認する、
被災地の方々と触れ合う、などなど。





4月25日(月) PM10:00

中野区新井薬師のカフェ・ラッパにて物資の詰め込み。

今回は炊き出しも行うため、食材や調理器具の調達も必要となるため、
非常にたくさんの方々にそれらの物資も募金も含めお世話になった。


それは、まさにこういった活動を継続していくために大変有り難いこと。


物資を詰め込んで、出発は23:00辺りになる。
sister★sisterの代表で今回の資金提供にもご協力いただいた、
美子さんも見送りに来てくれた。


新井薬師を出ると、まずは中野のドン・キホーテでガス缶などを購入。

そして仲間との合流のため高円寺へ。



リメンバートゥリメンバーのシンシンさんと合流。
その時にハプニング発生(笑)。

やはりその通りにならないこと前提、というかいろいろなハプニングは
想定していかないとこういったことの継続は不可能だと思う。


前回のいわき市では出発前に車のタイヤがパンクしていることが判明。


なんと、



今回は、



40リットルの水タンクから水漏れしている(苦笑)。

蛇口根元のパッキンの老朽化であろうか、そこからしたしたと(笑)。



今回は炊き出しもあるので、水はなおさら貴重である中、
置いていくことは難しい。

取り急ぎ袋で何重にも重ね、様子をみることに。



そんなバタバタでのスタートとなった。


つづく
| 支援実行部隊 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |